img_02

プリンターのインク切れは放置しないように

オフィスでプリンターのインク切れ は即問題となるため、予備のインクをすぐセットするなどして対処されることが多いですが、家庭用プリンターでは、インク切れのまま放置されるケースがしばしば見られます。
プリンターの内部には紙にインクを噴出する「ヘッド」という部品があり、この部品は、プリンターを使用しない時にはインクの残量にかかわらず「キャッピング」、つまりキャップを被せることによってインクの乾燥を防ぎます。


乾燥を防ぐことは、インクの成分によるヘッドの目詰まりを防ぎます。

LC113に関する情報を公開中です。

しかし、カートリッジを取り外してしまいますと、ヘッドの先端からではなく、ヘッドの奥、インクを供給する側からインクの乾燥が始まり、ヘッドを目詰まりさせてしまう危険性があります。

プリンターのインク切れの際には、第一に、インクカートリッジを交換する直前までは、インクカートリッジを抜き取らないこと、第二に、空のインクカートリッジを抜いたら、速やかに新しいインクカートリッジをセットすることです。

プリンタ-の故障の一番多い例は、ヘッドの目詰まりです。ですから、たかがインク切れと考えずに、常に予備のインクを用意しておくなどして、インク切れの際に、速やかにカートリッジを交換できるようにしておくのがベストです。



ヘッドの交換は修理扱いとなり、場合によっては万単位の支出となります。インクカートリッジに比べて一桁高い支出となりますので、注意が必要です。